豊かな暮らしってなんだ?

日々を暮らしているなかで、感じたこと、思ったこと、考えたことを発表していくブログ。

ごちゃごちゃ言ってねぇで

投票しよう!

これは未来へ向かうための戦いである。

わたしは明日を生きたい。

 

あなたがどこの政党の誰に投票しようと自由だ。

 

しかし、頼みがある。

いまの自分、未来の自分のことだけを考えるのはやめてくれ。

自分よりも若いひとたちのことを

特に選挙権を有しない、子どもたちのことを考えてやって欲しい。

 

将来、日本を支えていかなければならない子どもたちに未来を残す。

そんな考えをもって投票に行ってほしい。

 

未来を背負わせるということ

東日本大震災が起きたあと、しばらく経ってから

最寄りの駅で重そうな荷物を持った老婦人に声をかけた。

『荷物、持ちますよ?』

 

そうしたら、こんな言葉を返された。

『あなたたち、これからの世代が背負うハメになった荷物に比べれば軽いものよ』

 

そのときわたしは思った。

「この荷物を少しでも軽くして次の世代へ渡さなきゃな」と

 

その後、荷物は重くなるばかりだ。

 

最近、福島県原子力発電所ってどうなってるの?

避難している人たちの生活はどうなっているの?

すっかり終わったことになっちゃってない?

株価が上がったけど、日々の暮らしはどう?

 

いったい、わたしたちはどこへ向かっているの?

 

責任は国会になんて無い

政治家の責任の取り方なんて決まってる。

都合が悪くなったら辞任すればOK!

 

そんな人たちの集まりとなっている国会に責任を取れって言っても無理な話。

 

そもそも、そんな議員たちを選んで、国の舵取りをさせているのは

有権者のわたしたち、成人と呼ばれている者たちだ。

 

だから、いまの日本を作ったのはわたしたちといままでの有権者たちなのだ。

 

と言うことは、これからの日本を作ることだってできるはず。

 

だから、選挙に参加して投票しようぜ。

 

 

投票しないとか、白票を投じるとか

未来を諦めちゃだめだ。

 

これは未来へ向かうための戦いである。

わたしは明日を生きたい。

 

では、また。